ここから本文です

5月2日に「Windows 10 Cloud」と「新Surface」が発表される?

4/15(土) 6:25配信

ITmedia PC USER

 米Microsoftは5月2日(現地時間)にニューヨークでイベントを開催する。

 同社が2017年春に新製品発表イベントを開催するというウワサは、2016年からささやかれてきたが、その内容は待望の「Surface Pro 5」や「Surface Book 2」といった注目機種のモデルチェンジではなく、ある分野をターゲットにした戦略発表に近いものになりそうだ。

【Windowsの名物男が帰ってくる?】

 同イベントの告知を見ると、「Learn what's next」と書かれており、Twitterで使われる「#MicrosoftEDU」のハッシュタグも添えられている。「EDU」とは「Education」の意味であり、つまりは「教育分野」に関する発表とみられる。

 具体的には、「Windows 10 Cloud」の名称で呼ばれていたWindows 10の新SKUと、これを搭載した「新デバイス」が登場すると予想される。このイベントはライブ配信される予定だ。

●5月2日のイベントでは何が発表される?

 同イベントの招待状は、4月12日に報道関係者などに送付されている。MicrosoftやWindowsの最新動向に詳しい米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏によれば、このイベントは内部的に「Bespin」のコード名で呼ばれており、前述したWindows 10 Cloudが話題の中心となるようだ。

 「クラウド」と銘打たれた名称から「Windows 10 Cloudはクラウド版のWindowsなのか」と考えてしまうが、実際は「UWP(Universal Windows Platform)のみが実行可能な廉価版Windows」であり、つまりは教育分野で急激にシェアを拡大しつつある「Chromebook対抗OS」がその正体というのが有力な説になっている。

 Windows 10 Cloudはアップグレード権の購入による「Windows 10 Pro」といった上位エディションへのアップグレードも可能と言われており、その入口となる安価なWindows 10デバイスを広く普及させるのが狙いだろう。

 ジョー・フォリー氏は自身の情報源の話として、同イベントではSurface Pro 5とSurface Book 2が発表されることはないと報じている(もちろん「Surface Phone」も)。

 一方で、Windows 10 Cloudのプロモーションのため、Microsoft自身が新しいデバイスを投入する可能性にも言及している。これが「Surface 4」のような名称になるのかは不明だが、500ドルで販売されていた「Surface 3」よりもさらに低価格、恐らくは300~400ドル台のレンジで、(Win32アプリケーションは使えないが)ペン操作が使用可能なフル機能に近いWindowsデバイスをアピールするのではないだろうか。

 なお、伝え聞く限り、2017年5月10日に開催される開発者向けイベントの「Build 2017」では(PCの)新デバイスは発表されないという。そのため、Surface Pro 5がこの時期に登場するとしても、サイレントアップデートのような形で大きな仕様変更はないと考えられる。

●Windowsの名物男が帰ってくる?

 このイベントに関しては、かつてWindows Phone 7の中心人物として活躍し、Windows 8.1~10の開発において大きな役割を果たしたジョー・ベルフィオーレ氏が関わっているのではないか、とうわさされている。

 ベルフィオーレ氏は2015年末に25年間勤めてきたMicrosoftを離れて1年間の長期休暇に入ったが、2016年秋には同社に復帰していた。しかし、復職後の役割については不明のままで、同件について本人に直接ならびにMicrosoftの公式ルートで何度か質問したジョー・フォリー氏も回答を断られたと説明している。

 そんな中、沈黙してきたベルフィオーレ氏が、「Windows 10 Creators Update」の一般向け公開(Current Branch:CB)が開始された4月11日に突然Twitterでの投稿を開始し、さらに意味深なツイートを翌12日に行ったことで、5月2日のイベント、ひいてはWindows 10 Cloudとの関連性が取り沙汰されるようになった。

 ジョー・フォリー氏はMashableによるベルフィオーレ氏のインタビューで教育分野への言及が度々行われていることにも着目しており、同氏のWindowsチーム内での役割がWindows 10 Cloudならびに教育分野担当であるという説を後押ししている。

 Microsoftの動向を追ってきた方にとっては、ベルフィオーレ氏がステージに登場するのか、という点も今回のイベントで興味の対象になりそうだ。

●教育分野に本腰を入れるMicrosoft

 「Windows 10 Cloudは教育分野を目指す」という認識で間違いないようだが、ここでの「教育分野」とは何だろうか。

 かつて「エンタープライズ」というメインストリーム市場を取れなかったAppleが、Macで力を入れていたのが映像系などのプロフェッショナルな分野や、学校や生徒を対象にした教育分野だったわけで、どちらかと言えばニッチに近い位置付けにあったと思う。

 ただ、教育分野での普及は将来的にユーザー層を拡大させる礎にもなるため、そうした期待も含まれていたのだろう。高級志向の製品を得意とするAppleがMacで比較的リーズナブルな価格の製品ラインアップを長らく用意してきたのも、教育分野を視野に入れた結果だと考えている。

 それでは、Chromebookはどうか。2014年にChromebookで起きつつあるムーブメントを紹介した際は、「低価格なノートPC」としての人気が高まっているものと分析した。

 「iPad」登場前夜の2010年前にブームとなった「Netbook」は、性能的な制約とメインストリームにあたるノートPCの大幅な価格下落により終焉(しゅうえん)を迎えた。セカンドデバイスとしてのNetbookはタブレットやスマートフォンに取って代わられたと考えている。こうした中でChromebookに人気が集まりつつあったのは、「もうこれで十分」というユーザー層が多く現れたことが大きいのではないだろうか。

 その後もChromebookの市場は拡大している。例えば、調査会社NPDが2015年夏に出した資料によれば、毎年Chromebookの市場シェアは増えており、WindowsやMacなど他のプラットフォームの拡大ペースを上回っている。

 最も顕著なのはIDCが2016年8月に出したデータで、同時期に米国では初めてChromebookの出荷台数がMacを上回った。Chromebookができることと言えば、WebブラウジングとWebアプリの利用のみで(後にAndroidアプリに対応)、WindowsやMacと比較しても限られている。それでもシェアが拡大しているのは、やはり「もうこれで十分」という層が支えているからだろう。

 正直に言えば、Chromebookの購入層と教育分野がどれだけオーバーラップしているのか疑問を抱く部分もある。しかし、「値段が安いので収入の少ない学生でも買いやすい」「親が子供に贈るプレゼントに向いている」といった事情を考えれば、Chromebookと教育分野は潜在的に結び付いている可能性が高い。

 実際、学校におけるChromebookの導入事例は増えている。Microsoftとしては「青田買い」の意味を込めて、この分野でのChromebookのプレゼンスが拡大する前にWindows 10 Cloudのような製品をぶつけようと考えたのかもしれない。

 Microsoftは2017年1月24日、デバイス管理ツールであるIntuneを使って学校内のPCを管理するソリューション「Microsoft Intune for Education」を発表したが、次はいよいよデバイス自体とそこで動作するOSも投入し、教育分野に本腰を入れてくる構えだ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

最終更新:4/15(土) 6:25
ITmedia PC USER