ここから本文です

韓国東南部でM3.1の地震…昨年9月の地震の余震か

WoW!Korea 4/15(土) 12:39配信

15日午前11時31分ごろ、韓国東南部に位置する慶尚北道(キョンサンプクト)浦項(ポハン)市北区の北側8km地点でマグニチュード3.1の地震が起きた。

 今回の地震は、北緯36.11度・東経129.36度の地点で発生し、昨年9月12日に起きた慶州(キョンジュ)での地震の余震であるかはまだ把握されていない。

 大邱(テグ)気象庁は今回の地震による被害はないと予想した。

 しかし消防署と浦項市状況室によると、震源地に近い浦項市北区の高層マンション密集地域の住民から数十件の問い合わせが相次いだという。

 マンションに住む50代の男性は「ドシンという音が2回した後、窓ガラスが揺れて震動を感じた。浦項市から余震に注意するよう緊急メールをもらっている」と述べた。

 一方、午前5時41分頃には慶州市の南南西側9km地域でマグニチュード2.2の地震が発生していた。

 大邱気象庁はこの地震に関しては、昨年9月に起きた地震の606回目の余震だと明らかにしている。

最終更新:4/15(土) 12:39

WoW!Korea