ここから本文です

ドルトムントにイラクからも連帯の声 キックオフ前にメッセージ

ISM 4/15(土) 16:28配信

 現地時間11日(以下現地時間)にチームバスが爆発物の襲撃に遭ったドルトムント(ドイツ)に対し、イラクからも連帯を示す声が上がった。

 14日付の独『Sport1』によれば、ドルトムントへのサポートが示されたのは、バグダッドで行なわれたアル・サウラ対ナフト・アル・ワサトの試合。キックオフを前に審判員と選手たちがセンターサークルに整列し、会場の電光掲示板にはドルトムントの大きなロゴとともに「イラク国民はテロ攻撃を非難する #Dortmund」と、ドイツ語でメッセージが表示された。また、子どもたちによって同じメッセージの記されたプラカードが掲げられた。

 ドルトムントはこのサポートにSNS上で「イラクの国内リーグで、素晴らしい言葉を貰いました! 心から感謝します! この数日間、世界中で示された素晴らしい団結心に圧倒されています。ボルシアはひとつです!」と綴り、感謝の意を示している。

最終更新:4/15(土) 16:28

ISM