ここから本文です

GeForce GTX 1080 Tiカードが税込み9万円切り!

4/15(土) 10:54配信

ITmedia PC USER

 ドスパラ パーツ館が今週末の目玉としているが、PalitのGeForce GTX 1080 Tiカード「NEB108T019LC-PG611F」だ。リファレンスデザイン(Founders Edition)のモデルで、通常売価より約1万円安く、税込み8万9910円で売る。

【週末特価品】

 同店は「これはかなり思い切ったんじゃないかと。GTX 1080並みのお値段で買えるので注目を集めそうですよね」と上気して話していた。

 登場から約1カ月のウルトラハイエンドカードが、特価とはいえ急激に買いやすくなっている背景について某ショップはこう語る。「各社からオリジナルクーラーモデルが出回るようになって、Founders Editionは一掃したいという空気が出てきているんですよね。それとセールやそのほかのパーツの兼ね合いが重なるとすごくお得になる、と」。

 いずれにしろ、Founders Editionを探している人も安いGTX 1080 Tiカードを探している人も狙い目なことには違いないようだ。

 そのほか、同店には液晶とゲームパッドを搭載する超小型PC「GPD-WIN」も再入荷している。こちらは税込み5万2704円となる。「3月に入ったときにはあっという間に売り切れてしまったので、待っていた人もいると思います。今回はわりと潤沢ですよ」とのことだ。

●HUAWEIやZTEのワケあり品含むスマホやタブレットをスポット入荷!――テクノハウス東映

 テクノハウス東映は、HUAWEIやZTEのスマホやタブレットをスポット入荷している。イベント等で展示された実機のため、一部表面にキズがある個体もあるが、それゆえに割安な価格設定になっているのがポイントだ。

 HUAWEI製品は、7型タブレット「MediaPad T2 7.0Pro」が税込み1万6800円、5.2型スマホ「P9 Lite」が同1万5480円~1万6800円となる。

 ZTEはすべてスマホで、5.2型の「AXON Mini」が同1万2980円、5.5型の「Blade V580」が同8480円~9980円、5型の「Blade E01」が同6980円、同じく5型の「Blade S6」が同1万1980円、5型の「Blade V7 Lite」が同9980円となる。

 同店は「エントリーからミドルクラスのモデルですね。ちょっと遊べるスマホや、サブの端末を探しているという人には狙い目だと思います。それぞれの個数は少ないので、早い者勝ちになりますね」と話していた。

最終更新:4/15(土) 10:54
ITmedia PC USER