ここから本文です

J最年少ゴール記録更新の15歳MF久保建英…結果残し安堵感「気持ちも相当楽になった」

GOAL 4/15(土) 16:15配信

明治安田生命J3リーグ第5節が15日に行われ、セレッソ大阪U-23対FC東京U-23は、1-0でFC東京U-23が勝利を収めた。試合後、決勝ゴールを決めたMF久保建英がフラッシュインタビューに応じた。

久保は2試合連続でC大阪U-23戦に先発出場すると、38分に左サイドをドリブルで突破。DF3人を抜き去り、角度のないところから左足を振り抜き、クロスバーをかすめる豪快なゴールを決めた。この得点は、FW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)が2004年5月に記録した15歳11カ月28日を塗り替え、「15歳10カ月11日」でのJリーグ最年少記録を樹立した。

久保はゴールの感想を聞かれて「まず、ありがとうございます。素直にうれしいですし、今まで何度も先発で使ってもらっていたのに、目に見える結果を残せていなかったので、今日はゴールを決めたことで気持ちも相当楽になりました」と率直な気持ちを述べた。

試合については、「立ち上がり20分ぐらいは相手に押され気味の展開で、自分もボールを受けれずにいましたが、途中からサイドの内田(宅哉)選手だったり岡庭(愁人)選手だったり、前の原(大智)選手だったりが裏への飛び出しをしてくれた」と周りの選手の飛び出しを評価。その結果、「自分がフリーで受けられるようになり、攻撃のチャンスが増えていった結果、ゴールが生まれたと思います」と振り返った。

最後に、今後に向けた意気込みを聞かれ、「この調子でどんどん、チームの勝利に貢献できるようなプレーができたらいいなと思っています」と力強く答え、フラッシュインタビューは終了となった。

なお、久保は昨年11月に行われた2016明治安田生命J3リーグ第28節のAC長野パルセイロ戦に途中出場し、Jリーグ最年少出場記録を15歳5カ月1日に更新している。

GOAL

最終更新:4/15(土) 16:17

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合