ここから本文です

グアルディオラが認めた大きな差…CL8強チームとマンチェスター・Cの違いとは

GOAL 4/15(土) 16:59配信

マンチェチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督がチャンピオンズリーグでベスト8に残っているクラブと自チームを比較した。

マンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でモナコと対戦した。2試合合計スコアを6-6に持ち込んだものの、アウェーゴールの差で8強入りを逃した。グアルディオラ監督はCLで準々決勝に進むチームと比べてマンチェスター・Cが劣っている部分を以下のように説明した。

「彼らとの差はもの凄く大きい。プレーの質ではなく、プレーの仕方に大きな違いがある。モナコ戦で我々は良い戦いができていた。モナコが準々決勝ファーストレグのドルトムント戦で見せたように、とても優れたチームであるにも関わらずだ。我々は彼らを相手に2戦合計で6ゴールを挙げることができた。しかし、敗退した。つまり、あらゆる時間帯でどのように戦うのかが問われているということだ。180分間とその中で起こる出来事にどのように対処するかという細かい部分で改善が必要なんだ。そして、改善のためには経験が必要となってくる。今回貴重な経験が積めたはずだと考えているし、来シーズンに生きてくると信じたい」

マンチェスター・シティはプレミアリーグの31試合を終えた時点で4位とCL出場権を獲得圏内に位置している。今シーズンCLで得た経験を生かすためにも、このまま4位以上をキープすることが求められる。15日、マンチェスター・Cは日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。

GOAL

最終更新:4/15(土) 16:59

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合