ここから本文です

巨人 頼みのマイコラス&マシソン引き留めなら最低10億円

日刊ゲンダイDIGITAL 4/15(土) 12:29配信

 巨人が弱い。14日の中日戦は延長十二回にサヨナラ負け。泥沼の5連敗で貯金がなくなった。

 そんな中、存在感を見せたのは、先発したマイルズ・マイコラス(28)だ。7回を二塁手・中井の失策絡みの2失点に抑えた。

 先月、第1子となる長女が誕生。開幕前に米国へ一時帰国して出産に立ち会い、エネルギーに変えている。今年で2年契約が終了するため、来年はメジャー復帰の可能性がある。この試合の前まで、巨人のチーム防御率はリーグワーストの4・08。マイコラスは2015年に13勝3敗で最高勝率のタイトルを獲得した実績の持ち主だ。今季開幕投手を務めたエース格の助っ人は引き留めたいに決まっている。

「マイコラスはメジャー復帰が第一でも、最終的には『カネ』次第ともっぱらです。今年で年俸2億4000万円の2年契約が切れ、引き留めるには年俸5億円前後の複数年契約が基本線になるとみられている。日本で芸能人デビューを果たしているローレン夫人(29)の存在も巨人にとっては追い風になるかもしれません」(球界関係者)

■巨人愛を語っていたマシソンも……

 巨人が引き留めたいのはもう一人、2番手で登板したスコット・マシソン(33)である。八、九回の2イニングを3奪三振、打者6人でピシャリ。ただ、この剛腕も今年で見納めになるかもしれない。巨人6年目を迎えた助っ人は、昨年帰国する際、「最近オフになるとメジャーからオファーが来るようになった。来年(17年)は帰ってくるけど、再来年(18年)はもう一度メジャーでやりたい思いもある」と語っている。

「年俸は2億7500万円だから、こちらも5億円前後が攻防ライン。巨人愛を語ったこともあるが、『日本は好きだけど、子供にメジャーで投げているところも見せたい気持ちがある』と言っているだけに、マイコラス以上に引き留めるのは難しいでしょうが……」(前出の関係者)

 2人揃って残留させるなら、最低でも計10億円。2年以上の複数年契約なら、その何倍ものカネが必要になる。

最終更新:4/15(土) 12:29

日刊ゲンダイDIGITAL