ここから本文です

充電完了SOIL & "PIMP" SESSIONS、リキッドで最高の再出発飾る

音楽ナタリー 4/15(土) 13:58配信

SOIL & "PIMP" SESSIONSが昨日4月14日に東京・LIQUIDROOMにて、新体制となってから初めての単独公演「PUMP IT UP」を開催した。

【写真】SOIL &

昨年10月より半年間の充電期間を経て復活したSOIL。フロアは開演前から期待感に満たされ、ステージを覆っていた白幕に楽屋で待機中のメンバーの様子が投影されると大きな歓声が上がる。タブゾンビ(Tp)は「お待たせしました! 今日は新曲やりますよ。準備はいいか?」と観客を煽り、メンバーと共にステージへと向かった。

「SOIL & "PIMP" SESSIONS、充電完了しました」というアナウンスに続いて、真っ赤な照明で染まったステージにそろいの白いつなぎを着たメンバーが姿を見せる。そしてバンドは、みどりん(Dr)のスティックカウントを合図にオープニングナンバーをプレイ。ここで早速、丈青(Piano)がショルダーキーボード、社長(アジテーター)がシンセサイザーを奏でるなど、新生SOIL & "PIMP" SESSIONSのスタイルをアピールした。

社長の「俺たちは帰ってきたぞ!」という宣言から、5人はタイプの異なる新曲を3連発。演奏中にメンバーの衣装が鮮やかな光を放ち観客を驚かせる演出や、タブゾンビが楽器を置き、丈青、みどりん、秋田ゴールドマン(B)の演奏に合わせて踊るパフォーマンスもあり、会場を大いに沸かせた。その後、丈青、秋田、みどりんによるJ.A.Mのステージに移行し、3人は「Quiet Fire」と「Dancer on the black keys」をプレイ。スリリングなセッションでオーディエンスを魅了した。

丈青、秋田、みどりんと入れ違いでタブゾンビが現れ、物販紹介を交えながらトーク。社長も巻き込んで軽妙なやり取りを繰り広げファンを笑わせた。和やかなひとときを経てメンバーが再びそろい、「SUMMER GODDESS」のイントロを高らかに奏でるも社長が途中でストップをかける。彼は新体制となった今も過去の曲を演奏する旨を口にし、「あのイントロは管が2管ないとダメなんですよ……」とMountain Mocha Kilimanjaroの栗原健(Sax)を呼び込んだ。「SUMMER GODDESS」のダイナミックなイントロが会場中に響くと、オーディエンスは狂喜乱舞。かつて海外でも共演したことがあるという2組は、そのまま息ぴったりのパフォーマンスを披露していく。そしてみどりんのドラムソロや、みどりんと社長によるセッションを経て、本編ラストの「Fantastic Planet」へ。シンガロングが起きる中、タブゾンビは「君の笑顔が見れてうれしい。またSOIL & "PIMP" SESSIONSをよろしくね」とメロディに乗せて歌い上げ観客を微笑ませる。曲が終わったあとも「ラララ」の合唱が止まず、メンバーは歌声に見送られる形でステージを去っていった。

メンバーが去ったあとも「ラララ」の合唱が響き、歌声に呼ばれるようにメンバーが姿を見せる。彼らは「Fantastic Planet」を再び演奏したのち、「SATSURIKU ニューウェイブ」を畳み掛けフロアの熱気をピークまで引き上げる。激しい流れから一転して、メンバーが最後に届けたのはメロディアスでグルーヴィな「MO'BETTER BLUES」。曲の展開に合わせてメンバーは1人ひとりマイクの前で観客に向かって感謝の思いを伝えていく。最後の1人となったみどりんは、「最高の再出発を飾ることができました」と思いを噛みしめるように力強く述べ、復活ライブを締めくくった。

SOIL & "PIMP" SESSIONS「PUMP IT UP」2017年4月14日 LIQUIDROOM セットリスト
01. Opening
02. 新曲
03. 新曲
04. 新曲
05. Quiet Fire(J.A.M)
06. Dancer on the black keys(J.A.M)
07. SUMMER GODDESS
08. 閃く刃
09. POP KORN
10. My Favorite Things
11. 社長+みどりん EDM
13. SAHARA
14. Fantastic Planet
<アンコール>
15. Fantastic Planet
16. SATSURIKU ニューウェイブ
17. MO'BETTER BLUES

最終更新:4/15(土) 13:58

音楽ナタリー