ここから本文です

「不老不死温泉」違法残業の疑い 会社と社長を書類送検

朝日新聞デジタル 4/15(土) 14:33配信

 従業員に時間外労働をさせたうえに割増賃金の一部を支払わなかったとして、五所川原労働基準監督署は14日、青森県深浦町の不老ふ死温泉を運営する「黄金崎(こがねざき)不老不死温泉」と男性社長(44)を労働基準法違反容疑で地検五所川原支部に書類送検し、発表した。社長は取材に対し「改善したい」と容疑を認めている。

 不老ふ死温泉は、日本海を望む露天風呂からの夕日が絶景として全国的な知名度があり、年間約4万人の宿泊客が訪れる。

 同監督署によると、同社と社長は昨年4~8月、配膳や受付などに従事する男女従業員23人に対し、1カ月あたり11時間45分~161時間37分の時間外や休日労働をさせた疑いがある。またこのうち22人には、同4~11月分の時間外割増賃金の一部約350万円を支払わなかった疑いがある。

 時間外労働が指摘されている23人のうち、20人の時間外・休日労働時間は、健康障害のリスクが高いとされる月100時間を超えたことがあった。さらに12人は、そうした状態が4カ月以上続いていた。従業員が体調を崩したとの情報はないという。

 同監督署は2015年11月の立ち入り調査で時間外労働を把握し是正勧告を出した。だが、16年12月の調査で改善されていないと判断し、立件に踏み切った。

 同社の社長は取材に「繁忙期に人手が足りず長時間労働になっていた。今後こういうことがないよう、従業員の働き方を改善していきたい」と話した。従業員には週1日休みを取るよう伝え、どれだけ働くかは任せていたといい、「長時間労働の対策はできていなかった」と述べた。

朝日新聞社

最終更新:4/15(土) 14:33

朝日新聞デジタル