ここから本文です

<熊本地震1年>「前に」 益城町と西原村で追悼式

毎日新聞 4/15(土) 12:11配信

 熊本県の益城(ましき)町と西原村は15日、発生から1年を迎えた熊本地震の犠牲者追悼式を開いた。

【写真特集】「前に」 益城町と西原村で追悼式

 益城町が同町文化会館で開いた追悼式には西村博則町長や遺族ら390人が参列した。長女河添由実さん(当時28歳)を亡くした母登志子さん(57)が遺族代表として「悲しみは癒えることはありませんが、私たちが前へと歩いて生き抜くことこそが、この地震で命を落とした娘や亡くなられた犠牲者への供養だと思います」と述べた。

 西原村の追悼式には約300人が参列。遺族代表の内村勝紀さん(47)は地震で父政勝さん(当時77歳)を亡くした。内村さんは「1年という節目は我々遺族が前に進んでいく新たな機会になる」と語った。

 益城町では直接死が県内最多の20人で震災関連死は17人。西原村では直接死が5人、関連死が3人だった。【杉山恵一、取違剛】

最終更新:4/15(土) 16:35

毎日新聞