ここから本文です

カズレーザーが竹山の地位強奪? コメンテーターの座を狙い虎視眈々

東スポWeb 4/15(土) 16:44配信

 インパクト大の金髪に赤い服…強烈なキャラクターでバラエティー番組に引っ張りダコの「メイプル超合金」カズレーザー(32)が、事務所の先輩であるカンニング竹山(46=顔写真)のようなコメンテーターの座を虎視眈々と狙っている!?

 同志社大学出身の秀才とあって、最近ではクイズ番組で注目を集めているカズレーザー。先日放送された「Qさま!!」(テレビ朝日系)では、クイズ王のロザン・宇治原史規(40)から“負けたら引退”宣言を引き出し注目を集めた。

「ああ見えて、実は今でも勉強してるんです。事務所に週3日は顔を出し、空いているパソコンを使って時事ネタから地理や歴史など気になることや、クイズ番組で出そうなところを持参したノートに書いています。仕事時間ギリギリまで事務所にいるので長い日は3時間近くデスクに座っています」(事務所関係者)

 このクイズ用に集めた知識をもとに、さらなる野望に燃えている。

「“情報番組のコメンテーターをやりたい!”と口にしているんです。マネジャーに売り込みをお願いしています」(同)

 すでに所属事務所のサンミュージックでは「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)、「白熱ライブ ビビット」(TBS系)でコメンテーターとしてレギュラー出演する竹山がその地位を確立している。しかしカズレーザーには学歴、知識、コメント力がある。そのポジションに迫ろう、もしくは奪おうとしているようだ。ただそう簡単でないのがこのポジション。

「竹山はベッキー騒動で傾いた事務所を支えた一番の功労者ですから、そこを差し置いての売り込みはありえない。あの風貌での出演は批判を受けかねないので、いくら話題性があっても今のテレビ局に使う勇気があるかどうか…」(同)

 しばらくはお笑いとバラエティー番組に専念といったところか。

最終更新:4/15(土) 16:44

東スポWeb