ここから本文です

<桜を見る会>安倍首相主催 1万6500人が出席

毎日新聞 4/15(土) 12:46配信

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が15日午前、東京・新宿御苑で開かれ、各界の著名人ら約1万6500人が出席した。公明党の山口那津男代表も出席する中、首相は見ごろの八重桜と自公政権を重ね、「今日は風が強いが、連立政権は風雪に耐えてきた」と述べた。

【写真特集】安倍首相主催「桜を見る会」

 東京都議選を巡って自公両党がギクシャクするが、「風雪に 耐えて5年の 八重桜」と自作の句を詠んだ。首相はあいさつで、「4年連続2%を超える賃上げを実現できた」と実績を強調し、「ライフスタイルに応じて働き方を選べる時代がやってくる。皆さんが活躍できる社会を作りたい」と働き方改革の意欲も語った。

 桜を見る会は今年で62回目。首相はリオ・パラリンピック車いすテニス女子シングルス銅メダルの上地結衣選手や、タレントのりゅうちぇるさんなどと笑顔で記念撮影に応じていた。【竹内望】

最終更新:4/15(土) 12:58

毎日新聞