ここから本文です

容疑者、通学路以外でも「見守り」の姿 千葉・女児遺棄

朝日新聞デジタル 4/15(土) 18:09配信

 千葉県松戸市の市立六実第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の遺体が見つかった事件で、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=死体遺棄容疑で逮捕=は、リンさんの通学時間帯に通学路以外の道周辺に立っている姿が複数の住民に何度も目撃されていた。リンさんは行方不明当日、通学路以外の道を登校した可能性があるとみられている。県警は当日の2人の接点を調べている。

 六実第二小はリンさんの自宅から西に約900メートル。市教委などによると、渋谷容疑者は普段、市教育委員会が事件後に発表したリンさんの通学路の途中にある理髪店前の角=図(1)=で見守り活動をしていた。

 一方、リンさんの自宅周辺の複数の住民によると、通学の時間帯にこの通学路とは違う道に立つ渋谷容疑者の姿がたびたび目撃されていた。

 目撃されていたのはリンさんや他の児童が使うことがあった通学路以外の道路途中にある交差点付近=図(2)。リンさんの自宅の北西約150メートル、渋谷容疑者の自宅からも南に300メートルほどだ。

 市教委が発表した通学路は幹線道路への抜け道になっている。この道路は車1台が通れる程度の細い路地で、通学路より交通量が少ない。近所の男性は取材に対し、「毎朝犬の散歩をしているが、午前8時すぎに渋谷容疑者をよく見かけた」と証言している。

朝日新聞社

最終更新:4/15(土) 18:09

朝日新聞デジタル