ここから本文です

韓国大統領選、有力候補全員が届け出 最大野党の文氏ら

朝日新聞デジタル 4/15(土) 19:05配信

 5月9日に投開票される韓国大統領選は15日、立候補の登録が始まった。支持率で首位を争う最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)候補や、第2野党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)候補ら、有力候補が全員、京畿道果川市(キョンギドクヮチョンシ)の中央選挙管理委員会に立候補を届け出た。

 直接、立候補書類を提出した安氏は届け出後、「国民のために必ず勝ちます」と語った。文氏陣営も15日、「国民全ての願いで政権交代が実現するよう力を与えて欲しい」とコメントした。立候補登録は16日まで受け付けられ、17日午前0時から公式の選挙活動が解禁される。

 大統領選は文氏と安氏が激しく競り合う展開。今後は、安氏の支持に回る可能性がある保守票を巡り、政権与党、自由韓国党の洪準杓(ホンジュンピョ)候補や、同党を離党した議員らで結党した「正しい政党」の劉承旼(ユスンミン)候補が選挙戦を続けるかどうかが、焦点になる。(ソウル=牧野愛博)

朝日新聞社

最終更新:4/15(土) 21:12

朝日新聞デジタル