ここから本文です

ヤクルト山田哲人が先頭打者弾 2号ソロ

デイリースポーツ 4/15(土) 14:07配信

 「DeNA-ヤクルト」(15日、横浜スタジアム)

 ヤクルトが、山田の先頭打者本塁打で先制した。

 初回、フルカウントから先発・石田の142キロの直球を仕留め、打球はヤクルトファンが待つ左翼席へ運んだ。2日の同戦以来、今季2号となるソロで9試合ぶりの先制点を奪った。

 「打ったのはストレート。シャープなスイングで久しぶりに自分のバッティングができました」。

 3試合連続で「1番・二塁」で先発出場。打率は試合前まで・250と本調子ではなかったが、納得の一発を放ち存在感を示した。

最終更新:4/15(土) 14:32

デイリースポーツ