ここから本文です

ヤクルト山田、先頭打者アーチ「久しぶりのいい当たり」

朝日新聞デジタル 4/15(土) 20:39配信

(15日、ヤクルト7―2DeNA)

 待望の先取点を1番・山田のひと振りが運んできた。プレーボールから6球目。先頭打者弾が左中間席へ伸びた。ここ8試合、ヤクルトは全てで相手に先行され、1勝7敗と苦しんでいた。

 フルカウントからの左腕・石田の142キロ直球をとらえた山田は、「久しぶりのいい当たり。昨日くらいから振りが良くなってきたと感じていた」。三回までに5得点。開幕から停滞していた打線が、この一打で息を吹き返した。

朝日新聞社

最終更新:4/15(土) 20:39

朝日新聞デジタル