ここから本文です

阪神・青柳が初回に4失点、立ち上がり苦しむ

デイリースポーツ 4/15(土) 14:54配信

 「阪神-広島」(15日、甲子園球場)

 阪神先発の青柳が立ち上がりに苦しみ、広島に先制を許した。

 いきなり4点を失った。初回、1番・田中に初球を中前に運ばれると、続く菊地の犠打を捕手・梅野が野選、さらに丸に四球を与え無死満塁のピンチを招くと4番・鈴木の投ゴロを後逸し先制点を献上した。さらに、1死満塁からエルドレッドに押し出しの死球、天谷に2点適時打を浴びた。

 9番で投手の岡田にストレートの四球を与えるなど、初回に打者10人による攻撃を受けた青柳。一方で、この回に与えた安打は2本だけに制球に苦しんでいた。

 前回登板した8日・巨人戦は、3回途中まで無失点に抑えていたが、降雨ノーゲームとなっていた。この日は自身初となる広島戦の登板だったが、苦しいスタートとなった。

最終更新:4/15(土) 14:56

デイリースポーツ