ここから本文です

山部、朝比奈ら意気込み=16日に全日本女子柔道

時事通信 4/15(土) 18:22配信

 体重無差別で争う柔道の全日本女子選手権が16日に行われるのを前に、有力選手が15日、会場の横浜文化体育館で記者会見し、昨年のリオデジャネイロ五輪78キロ超級銅メダルの山部佳苗(ミキハウス)は「しっかり自分の柔道を出したい」と連覇へ意気込みを示した。初優勝を狙う朝比奈沙羅(東海大)は「自分の良さの攻める柔道を貫く」と抱負を語った。

 大会は世界選手権(8月28日開幕、ブダペスト)の78キロ超級代表選考会を兼ねる。2週前の全日本選抜体重別選手権では山部が準決勝、朝比奈は初戦で敗れており、両者とも挽回の思いが強い。山部は「代表になるためにはしっかり勝たないといけない」と述べ、朝比奈は「勝たないと世界選手権はない。覚悟を決める」と話した。

 左膝の負傷を抱える田知本愛(ALSOK)は「精いっぱいの準備はしてきた。力を出し切るだけ」と語った。 

最終更新:4/15(土) 18:25

時事通信