ここから本文です

“打の2枚看板”DeNA筒香&梶谷 大丈夫?ともに右太腿違和感訴える

スポニチアネックス 4/15(土) 8:40配信

 ◇セ・リーグ DeNA4―3ヤクルト(2017年4月14日 横浜)

 打線の2枚看板であるDeNAの筒香と梶谷がそろって右太腿に違和感を訴えた。筒香は9回守備時に違和感を訴えて途中交代。梶谷は右太腿に張りを訴えて今季初欠場となった。

 試合後、ラミレス監督は「筒香は右太腿をつった。梶谷も同じ右太腿に張りがあった。延長戦が長引けば代打起用の可能性はあった。2人とも明日の様子を見て出場を決める」と説明した。

 筒香は初回に右中間二塁打を放ち、6回にも中前打。今季4度目のマルチ安打と復調気配を漂わせた直後だった。本人は「足がちょっと張っていて、つったような感じになった。明日は全く問題ないです」と軽症と強調。マッサージ治療だけ受け、病院に行く予定はない。一方、打撃好調だった梶谷は「明日にならないと分からない。今まで我慢しながらやってきた。張りというより怖さがあった」と慎重だった。

最終更新:4/15(土) 8:40

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報