ここから本文です

元工務店勤務の男、女性遺棄容疑で逮捕 杉並の事件

朝日新聞デジタル 4/15(土) 23:11配信

 東京都杉並区清水3丁目の住宅で、住人の上田美恵子さん(62)が遺体で見つかった事件で、警視庁は工務店に勤めていた埼玉県内の男(52)を、死体遺棄容疑で逮捕した。

 捜査関係者によると、男は1月、上田さん宅の台所床下に遺体を遺棄した疑いが持たれている。男は以前、上田さん宅のリフォームに関わっており、事件について関与を認めたため、逮捕した。

 遺体は床下収納スペースの奥に隠されており、警察官が家を捜索した際、床下収納のふたの上に整理棚や重さ数十キロの冷蔵庫などが置かれ、カーペットが敷かれていたという。遺体は手足を粘着テープで縛られ、顔にも粘着テープが巻かれていた。左胸には複数の深い刺し傷があり、死因は失血や窒息によるものとみられている。捜査1課は、現場の状況から自宅の構造に詳しい人物の犯行とみて捜査していた。

朝日新聞社

最終更新:4/16(日) 1:09

朝日新聞デジタル