ここから本文です

慶大が先勝=法大と立大は引き分け―東京六大学野球

時事通信 4/15(土) 19:17配信

 東京六大学野球春季リーグ戦第2週第1日は15日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、慶大が東大を9―5で下して先勝した。法大と立大は延長十二回、6―6で引き分けた。

 慶大は先発の関根(1年、城東)が5回1失点と好投。チーム開幕戦でデビュー登板し、勝利投手になった。東大の宮台(4年、湘南)は二回途中6失点。立大は4―6の九回に内野ゴロと山根(4年、浦和学院)のソロ本塁打で追い付いた。 

最終更新:4/15(土) 19:19

時事通信