ここから本文です

ヤクルト小川、3試合目で今季初勝利 8回1失点「やっと勝ち星」

4/15(土) 17:40配信

デイリースポーツ

 「DeNA2-7ヤクルト」(15日、横浜スタジアム)

 ヤクルトの小川泰弘投手が3試合目の先発で今季初勝利を挙げた。0・5差だったDeNAと入れ替わって4位に浮上した。

 四回に倉本の適時打を許したものの、以後は走者を出しながらも得点は与えない粘りの投球を見せた。八回6安打1失点で、九回は原樹理が締めた。二回の攻撃では適時打を放ち、投打で勝利に貢献した。

 「やっと勝ち星を手にできた」とほっとしたような表情を見せた小川。適時打については「まぐれなんですけど、バットに当てれば何かが起きると思ってくらいつきました」。まだまだ借金3と奮起が必要なチーム状況で、「チームは必死になって戦っているので、粘り強く一戦一戦勝ちをものにできるように応援よろしくお願いします」と浮上を誓った。

 打線では初回に山田が先頭打者弾となる2号ソロを放った。三回までに5点を奪い、試合を優位に進めた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 12:25