ここから本文です

【はなみずき賞】プラチナムバレットが首差の勝利 浜中騎手「器用な馬で、上手に走ってくれました」

スポーツ報知 4/15(土) 15:04配信

 15日の阪神9R、はなみずき賞(3歳500万、芝2000メートル=9頭立て)は、浜中俊騎手騎乗でマンハッタンカフェ産駒のプラチナムバレット(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)が好位から抜け出し、貴重な2勝目を挙げた。勝ちタイムは2分2秒1。

 3、4番手を追走し、4コーナー手前から追い出しを開始。直線半ばで抜け出すと、1番人気のエクレアスパークルの追撃を首差封じた。浜中騎手は「リラックスして走れたし、直線もしぶとく頑張ってくれました。器用な馬で、上手に走ってくれました」とたたえた。

 今後は京都新聞杯(5月6日、京都)が視野に入る。河内調教師は「前走(毎日杯4着)は1頭になって消化不良だった。今日も4コーナーで一瞬どうかと思ったが、しっかり脚を使ってくれた。折り合いがつくし、距離は心配していない」と再度の重賞挑戦に期待を寄せた。

最終更新:4/15(土) 15:04

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ