ここから本文です

広島快勝!2年目岡田がプロ初完投勝利 阪神の連勝4でストップ

スポニチアネックス 4/15(土) 16:51配信

 ◇セ・リーグ 広島7―1阪神(2017年4月15日 甲子園)

 広島が序盤から相手ミスに乗じて着実に加点。阪神に7-1で快勝した。

【写真】1失点でプロ初完投勝利を挙げ、石原(左)と笑顔で握手をかわす岡田

 前日14日に連勝が10でストップしたが、勢いが衰えることはなかった。1回、安打と敵失、四球で無死満塁とすると、4番の鈴木の投前ゴロが敵失を誘い先制。1死満塁からエルドレッドの死球で1点を加えると、なおも満塁から天谷が中前に2点適時打を放ちこの回4点。3回にも田中の適時打と敵失から2点、4回にはエルドレッドが適時打を放ち、リードを広げた。

 序盤から大量リードの展開の中、先発の岡田が抜群の安定感。5回に1点を失ったものの、危なげない投球で9回4安打1失点と好投。今季2勝目を9回投げきっての試合では“プロ初完投”で飾った。

 阪神は先発の青柳が大誤算。初回から3四球に失策も絡み4失点。3回にも自らの適時失策などで2点を失うなど自滅した。チームの連勝は4でストップ。

最終更新:4/16(日) 1:05

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/27(木) 6:45