ここから本文です

闘莉王あっぱれ、5年ぶり3度目ハット 3点目はロスタイムV弾

スポニチアネックス 4/15(土) 18:04配信

 明治安田生命J2リーグは15日、各地で第8節が行われ、京都の元日本代表DF田中マルクス闘莉王(35)がホームの西京極総合運動公園で行われた愛媛戦で自身3度目のハットトリックを達成。チームを3―2での勝利へと導いた。京都は3月4日の徳島戦(西京極)以来6試合ぶりの今季2勝目。

 闘莉王は0―1で迎えた後半7分に得意のヘディングで同点ゴールを決めると、1―1で迎えた同27分には胸トラップから逆転ゴール。ロスタイム突入後の後半46分に2―2と同点にされたが諦めず、その1分後の47分に劇的な決勝ゴールを決めた。

 闘莉王のJ2でのハットトリックは自身初。J1では浦和に所属していた2008年7月17日に東京V戦(埼玉)で、名古屋に所属していた2012年8月4日には神戸戦(瑞穂陸)でハットトリックを達成しており、自身通算3度目となる。

最終更新:4/15(土) 18:04

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合