ここから本文です

【中日】若松、痛恨の暴投で逆転許す「変化球が浮いた」

スポーツ報知 4/15(土) 16:49配信

◆中日―巨人(15日・ナゴヤド―ム)

 中日の若松駿太投手(22)が痛恨の暴投で逆転を許した。

 1点リードの6回、先頭の坂本から、阿部、マギーと3連打を許して同点に追いつかれた。なおも無死二、三塁で亀井の2球目、内角の変化球がワンバウンド。捕手の木下拓が投球を大きくそらす間に、三塁走者の阿部が生還。1死三塁となって石川にも左前適時打を献上した。

 6回4失点でマウンドを降りた若武者は「6回は変化球が高く浮いてしまった」。ベンチでガックリと肩を落とした。

 7回から登板した2番手・祖父江大輔投手(29)も1死から中井、立岡、坂本、阿部に4連打を浴びて2失点。今季ここまで開幕6試合連続で無失点を続けてきたが、初めて得点を許した。

 中日は今季、カード2、3試合目は、前カードのヤクルト戦(神宮=12、13日)まで

●●△●△●●

と白星がない。

最終更新:4/15(土) 16:51

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(水) 15:10