ここから本文です

【東京六大学準硬式】慶大が村石の好投で先勝

スポーツ報知 4/15(土) 21:23配信

◆報知新聞社後援 東京六大学準硬式野球春季リーグ戦 慶大3―1法大(15日・立川公園野球場)

 慶大が先勝した。2回、先頭の有賀慎一郎(4年=慶応湘南藤沢)の安打を手始めに相手のミスをからめて2点を先制すると、6回にも城下陸(3年=韮山)の適時内野安打で1点を追加。先発の村石就昭(3年=慶応志木)は相手打線を4安打1失点に抑えて完投した。法大はピンチにミスが出て、力投の室木大(4年=星稜)を援護できなかった。

 慶大・村石就昭「最初は少し緊張しましたが、打者一人一人を打ち取るよう低めに投げることを意識しました。次の試合も同じように丁寧に投げたいです」

最終更新:4/15(土) 21:29

スポーツ報知