ここから本文です

【MLB】N.シンダーガードが爪割れで降板、メッツはサヨナラ負け

ISM 4/15(土) 15:26配信

 ニューヨーク・メッツの右腕ノア・シンダーガード投手が現地14日、敵地でのマイアミ・マーリンズ戦で好投したものの、爪が割れるアクシデントで降板する不運に見舞われた。エースがマウンドを降りたメッツはリリーフ陣が踏ん張りきれず、2対3でサヨナラ負けを喫した。

 シンダーガードは3回に人差し指の爪が割れたものの、いったんは続投。しかし6回に中指の爪も割れてしまい、降板を余儀なくされた。この日は6回を6安打、無四球、4奪三振、2失点(自責点は1)に抑えたが、勝ち負けはつかなかった。

 シンダーガードは今季初登板でも6回零封ながらマメのため降板しているが、今回の爪の問題とは無関係とのことで、「爪を短くしすぎたかな。マイナーではこうしたことはけっこうあったんだ」とコメント。「まあすぐに治るさ。大した問題じゃないよ」と語り、次回先発には影響しないとの見方を示している。(STATS-AP)

最終更新:4/15(土) 15:26

ISM