ここから本文です

【仙台】GKシュミットJ1初先発へ「結果にこだわる」

スポーツ報知 4/16(日) 8:09配信

 J1ベガルタ仙台は16日、ホームで鹿島と対戦する(午後7時、ユアスタ)。15日は仙台市内で約1時間半の最終調整。J1リーグ戦初先発が濃厚な日本代表候補GKシュミット・ダニエル(25)は「結果にこだわって、勝てれば一番いい」と、リーグ戦3連敗を阻止する勝利に貢献するつもりだ。

 米国生まれだが、2歳から東北学院高卒業までを仙台で過ごした。仙台での本拠地デビューとなった12日のルヴァン杯・磐田戦(2〇0)で完封勝利。プロ初先発で追加点となるプロ初ゴールを決めたMF佐々木匠(19)は生まれも育ちも仙台。シュミットは「仙台育ちの選手が引っ張っていくのが、ベガルタにとっていいことだと思う。匠と一緒に頑張っていきたい」と、地元への“恩返し”へ、決意を新たにした。

 リーグ戦は開幕から全6試合にGK関憲太郎(31)が先発してきたが、前節7日のアウェー・浦和戦はクラブワースト7失点で0―7の大敗。渡辺晋監督(43)は「ダン(シュミット)もルヴァン(12日の磐田戦)でいいパフォーマンスをした。勢いをリーグ戦にも、と思えば起用も考える」と、196センチの長身守護神を高く評価した。恵まれた体格を生かし、シュミットが昨季王者の前に立ちはだかる。(竹内 竜也)

最終更新:4/16(日) 8:09

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報