ここから本文です

武井壮が「ときめき宣伝部」新シングルを作詞!ヒャダインと異色タッグ

スポーツ報知 4/16(日) 6:03配信

 女性4人組アイドルグループ「ときめき宣伝部」の新シングル「どどどどどりーまー」(6月7日発売)が、タレント・武井壮(43)の作詞、音楽プロデューサーのヒャダインこと前山田健一(36)作曲という“異色タッグ”で制作されたことが15日、分かった。

 武井は「ひゃくじゅうのおう・たけいそう」として作詞に初挑戦。ヒャダインの織りなすアップテンポなメロディーを何百回と聴き、試行錯誤しながら歌詞を書き上げていった。できたてホヤホヤの楽曲に「1頭、ちっちゃな武井壮か、新たな百獣の王が生まれたような感じ」と胸を張った。

 人生のテーマに「毎日、自分史上最高」を掲げるだけに、曲の内容にも反映させた。「100%前向きに進み続ける曲があってもいいと思った。希望満タンで書かせてもらった。軽やかに未来に向かって駆けていくような。元気に歌ってほしい」。歌詞には「ロシアでもタンクトップで猛ダッシュ」「成長なんてイージー 筋破壊してチョー回復」など遊び心もちりばめた。

 アイドルが好きで「地球上にいる全アイドル推し」を掲げる武井。今回のオファーに「彼女たちは僕のライバルで憧れ。元気をくれるスター。歴史の1ページ、重要な1曲を任せていただけて非常に光栄」と感無量だった。

 このほど、サプライズでレコーディングスタジオを訪れ、メンバーと初対面した。4人は「夢みたい。武井さん、ヒャダインさんと同じ空間にいられることがやばい!」と大喜び。「とっても前向きな曲。私たちも全力で突き進んでいきたい。武井さんに自慢してもらえるように、頑張って歌いたい。いつか武井さんみたいな格好(タンクトップ姿)でライブもしたいな~」と声をそろえた。

 ◆吉川ひより(よしかわ・ひより)〈1〉2001年8月12日〈2〉千葉県〈3〉15歳〈4〉ひよりん〈5〉緑

 ◆坂井 仁香(さかい・ひとか)〈1〉2001年7月25日〈2〉神奈川県〈3〉15歳〈4〉ひとちゃん〈5〉赤

 ◆小泉 遥香(こいずみ・はるか)〈1〉2001年1月5日〈2〉埼玉県〈3〉16歳〈4〉おはる〈5〉ピンク

 ◆辻野かなみ(つじの・かなみ)〈1〉1999年6月2日〈2〉埼玉県〈3〉17歳〈4〉かなみん〈5〉青

 【注】名前(ふりがな)〈1〉生年月日〈2〉出身県〈3〉年齢〈4〉ニックネーム〈5〉担当色

 ◆ときめき宣伝部 北川景子、本仮屋ユイカ、大政絢らがいる芸能事務所「スターダストプロモーション」所属。平均年齢15・75歳。15年4月結成、6月にCDデビュー。16年11月シングル「ガンバ!」でメジャーデビュー。キャッチコピーは「君のハートにロックオン」。17年3月、永坂真心が学業優先のため脱退。

最終更新:4/16(日) 6:03

スポーツ報知