ここから本文です

郡山市長選16日投票 現新2人最後の訴え

4/15(土) 10:26配信

福島民報

 任期満了に伴う福島県の郡山市長選は16日投票が行われる。現職で再選を目指す品川萬里候補(72)=無所属=と、新人で元郡山市議の浜津和子候補(63)=同=が激しい選挙戦を繰り広げている。舌戦最終日の15日は、両候補とも大票田の市中心部などで支持を訴える。
 品川候補は富久山、八山田、富田を回る。午後は並木、開成、菜根、久留米、安積などを経て桜木の事務所で打ち上げる。
 浜津候補は安積、大槻、片平を巡る。午後は日和田、西田、富久山、旧市内などを回り長者の事務所で遊説を締めくくる。
 両陣営とも投票率を過去2番目に低かった前回の45.01%を下回る40%台前半とみている。当選ラインは6万票台と想定し、後援会組織の引き締めや浮動票の取り込みに全力を挙げている。
 投票は16日午前7時から午後8時まで市内の小中学校や公民館、集会所など計149カ所に設けた投票所で行われ、午後9時半から郡山総合体育館で即日開票される。午後11時半ごろには大勢が判明する見通し。
 有権者数は8日現在、27万3476人(男13万3529人、女13万9947人)。このうち、18歳は3460人、19歳は3210人となっている。

福島民報社

最終更新:4/15(土) 10:58
福島民報