ここから本文です

中村江里子、千葉女児殺害事件の犯人に「吐き気がするほど許せない気持ちと怒り」

スポーツ報知 4/15(土) 23:41配信

 パリ在住のフリーアナウンサー・中村江里子(48)が15日、自身のブログで千葉女児殺害事件で容疑者が逮捕された事を受けて、憤りの心情をつづった。

 中村は「何をどうしたらいいのか?」と題しブログを更新。「どうしても書かずにはいられず…日本に滞在している時に小学3年生のリンさんが遺体で見つかったニュースが飛び込んできました。お父様のインタビューを聞き、涙が止まらなかったですし、ご家族や学校関係者の方々、ご近所の方々の気持ちを思うと、とにかく早く犯人が捕まってほしいと願っていました。春休み、子供たちを外で遊ばせるのだって不安で不安でしょうがなかったと思います」とつづると。

 日本とフランスでは、小学生の間の登下校が違う事を紹介。「日本には集団登下校のシステムがあったり、地域の方々が見守りをしてくださっているのに…人の目がある!!って安心をしていられるはずなのに…どうして?」と語った。

 さらに「心を込めて、子供たちのために自分の時間を割いて見守りをしている人たちがほとんどなのですから…吐き気がするほど許せない気持ちと怒りで…書かずにはいられませんでした」と犯人への怒りを書き記した。

最終更新:4/16(日) 9:02

スポーツ報知