ここから本文です

38歳・安美錦、19歳・貴源治と春巡業で年の差けいこ

スポーツ報知 4/16(日) 6:03配信

 大相撲の春巡業が15日、群馬・高崎市内で行われた。朝稽古では関取最年長の十両・安美錦(38)=伊勢ケ浜=が、夏場所(5月14日初日・両国国技館)新十両の貴源治(19)=貴乃花=に胸を出し「俺も体に刺激が欲しかった。当たりが強いからね」と自身の半分の年齢の若手を受け止めた。

 土俵下には貴源治の師匠でもある貴乃花巡業部長(元横綱)。03年初場所8日目に最後の相手となったのが安美錦で、その横綱が育てたホープに稽古をつける構図になった。安美錦は「彼の体つきとかを見れば可能性はあるでしょ。力をつけようと思ったら貴乃花親方も言ってることをやらないとね」と助言。大先輩の胸にぶつかった19歳は「重かったですね」と感想を漏らした。

最終更新:4/16(日) 6:03

スポーツ報知