ここから本文です

久保建英がJリーグ史上最年少ゴール! 森本貴幸の記録抜く15歳10カ月11日

サンケイスポーツ 4/15(土) 15:31配信

 明治安田J3第5節第1日(15日、C大阪U-23 - FC東京U-23、ヤンマ)15歳のFC東京U-23・FW久保建英(たけふさ)がJリーグで初得点。史上最年少ゴール記録を約1カ月半更新する快挙となった。

 前半38分、久保は左サイドでボールを受けると、自らドリブルで突破。角度がないところから左足で放ったシュートは、GKの頭の上を超えクロスバーに当たり、ゴールポストに吸い込まれた。

 プロ初ゴールを挙げた久保は、15歳10カ月11日でJリーグ最年少ゴール記録を樹立。2004年に森本貴幸(当時東京ヴェルディ)が打ち立てた15歳11カ月28日という記録を塗り替えた。

 試合は前半を終え、1-0でFC東京U-23がリードしている。

最終更新:4/15(土) 15:31

サンケイスポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合