ここから本文です

【中山グランドJ】オジュウチョウサン重賞6連勝!

サンケイスポーツ 4/15(土) 15:48配信

 4月15日の中山11Rで行われた第19回中山グランドジャンプ(障害4歳以上オープン、J・GI、芝・外4250メートル、定量、13頭立て、1着賞金=6600万円)は、石神深一騎手騎乗の1番人気オジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が連覇を決めた。タイムは4分50秒8(良)。道中は、逃げたメイショウヒデタダ、前をうかがうアップトゥデイトを見る位置で4番手、3番手と位置取りを上げていき、勝負どころの3コーナー過ぎにスパート。直線入り口ではサンレイデュークに外から並びかけられたが、最後の障害をクリアした時点でもう独走態勢。王者の貫禄を見せつける圧巻の走りで障害重賞連勝記録を「6」に伸ばした。これはジャンプグレードが導入された1999年以降の最多の記録。J・GIの3勝はカラジ(2005、06、07年中山グランドジャンプ3連覇)に並ぶ史上2頭目の記録。

 ◆石神深一騎手(1着 オジュウチョウサン)「強いですね。(2着の)サンレイデュークが来て一瞬ヒヤッとしましたが、またギアを変えてトップスピードに乗ってくれました」

 3馬身半差の2着には後方待機策から脚を伸ばしたサンレイデューク(6番人気)、さらに8馬身離れた3着にアップトゥデイト(2番人気)。

 中山グランドジャンプを勝ったオジュウチョウサンは、父ステイゴールド、母シャドウシルエット、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道平取町・坂東牧場の生産馬で、馬主は(株)チョウサン。通算成績は19戦9勝(うち障害17戦9勝)。重賞は2016年中山グランドジャンプ・J・GI、東京ジャンプ・J・GIII、東京ハイジャンプ・J・GII、中山大障害・J・GI、17年阪神スプリングジャンプ・J・GIIに次いで6勝目。中山グランドJは、和田正一郎調教師、石神深一騎手ともに、2016年オジュウチョウサンに次いで2勝目。

最終更新:4/15(土) 17:32

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ