ここから本文です

ミス・メイ・アイ、初の日本盤発売

4/17(月) 12:26配信

BARKS

米国オハイオ出身の新世代メタルコア・バンド、ミス・メイ・アイの6thアルバム『シャドウズ・インサイド』が6月2日に発売されることになった。日本でのライヴ経験は豊富な彼らだが、日本盤がリリースされるのは今回が初となる。

◆ミス・メイ・アイ画像

メンバーが高校生だった2006年に結成されたミス・メイ・アイは、その2年後には平均年齢18歳という若さで名門レーベルRISE RECORDSと契約を交わすという、規格外のバンドだ。リーヴァイ・ベントンのブルータルな咆哮と、ライアン・ネフのクリーン・ボーカルでまとめ上げるスタイルが早くから確立され、人気を博している。

今作では、これまで通りの屈強かつオールド・スクールなメタルコアながら、過去のアルバムでは聴くことのなかったメロウな楽曲が強い印象を残す作品となっている。これは、ベース・プレイヤー兼クリーン・ボーカル担当のライアン・ネフの失恋が作品に大きな影を落としているのだとか。長年連れ添った彼女との別離を歌う「クロール」「デス・ノウズ・マイ・ネーム」は、従来のメタルコアのスタイルというよりオーセンティックなメタルのダイナミズムが得られる印象であろう。もちろんアルバムの幕を開ける「シャドウズ・インサイド」をはじめ“MMI印”がクッキリと刻まれた突進力抜群でスラッシーな楽曲も健在だ。

ミス・メイ・アイ『シャドウズ・インサイド』
2017年6月2日 世界同時発売予定
【CD】 ¥2,300+税
※日本語解説書封入/歌詞対訳付き
1.シャドウズ・インサイド
2.アンダー・ファイア
3.ネヴァー・レット・ミー・ステイ
4.マイ・デストラクション
5.カジュアリティーズ
6.クロール
7.スワロー・ユア・ティース
8.デス・ノウズ・マイ・ネーム
9.ロスト・イン・ザ・グレイ
10.マイ・ソロー

【メンバー】
リーヴァイ・ベントン(ヴォーカル)
ジャスティン・オフデムケンプ(ギター)
BJ・ステッド(ギター)
ライアン・ネフ(ベース/ヴォーカル)
ジェロド・ボイド(ドラムス)

最終更新:4/17(月) 12:26
BARKS