ここから本文です

トヨタが小っちゃいSUV「FT-4X」をニューヨークショーで初公開! ほか【週間人気記事ランキング】

4/15(土) 10:30配信

オートックワン

この1週間でよく見られていたオートックワン自動車ニュースをランキング形式で紹介します。

フォトギャラリー(160枚超)>>ニューヨークショーで発表されたばかりの新型モデルを写真でチェック!

今週忙しくてなかなかチェックできなかったという方必見!これさえ読めば今話題のクルマ・最新情報がわかります!

今回は『ニューヨークオートショー2017』の話題でもちきり!発表されたばかりのクルマがランキングを独占しました。

1位:アームレストが寝袋? トヨタがC-HRよりも小型のSUV「FT-4X」を世界初公開【NYショー2017】

トヨタがニューヨークショーで公開した小型SUV「FT-4X」が1位に!

「FT-4X」のフロントフェイスは「X」をモチーフにした特徴的なスタイリングです。気になるボディサイズは、全長4249x全幅1821x全高1623、ホイールベースが2639mm。

全長については新型「C-HR」より111mmほど短く、かなりコンパクトボディのようです。

2位:ハマーサイズ?スバル最大の3列シート新型SUV「ASCENT(アセント)」発表!【NYショー2017】

そしてスバルはトヨタとは逆で、超ビッグサイズのSUV「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」発表しました。

これは現在開発中の新型3列ミッドサイズSUV(7人乗り)、「ASCENT(アセント)」のデザインコンセプトです。

ボディサイズは全長5050mmx全幅1990mmx全高1840mm、ホイールベース:2,970mmとまさにアメリカンサイズ。2018年に市場に導入される予定。

3位:レクサス新型LSに早くも“F”が登場! “F SPORT”ならでは走りと専用デザイン

レクサス「LS500」と「LS500h」にスポーティバージョンの“F SPORT”が登場!ニューヨークショーで公開されました。

LS500 “F SPORT”は、GA-Lプラットフォームの特性を活かした高い操縦安定性に専用装備を組み合わせ、爽快なドライビングフィールを実現しています。

デザインはF SPORT仕様のスピンドルグリルを採用、インテリアには専用デザインのシートや専用ステアリングが採用されています。

4位:スバル、よりワイルドになった新型アウトバックを初公開

スバルは北米で今夏発売予定のアウトバック2018年モデル(北米仕様)を公開しました。

スバルの象徴であるヘキサゴングリルが広くなったグリル開口部と新形状のバンパーによりさらに強調されています。

2.5iには最高出力175馬力を発生する2.5リッターボクサーエンジンを、3.6Rには256馬力の3.6リッター6気筒ボクサーエンジンを搭載します。

5位:インフィニティ、発表前に早くもフルサイズ高級SUV“QX80モノグラフ”の姿を公開

インフィニティがニューヨークショーで公開したフルサイズSUV「QX80モノグラフ」は、次期型インフィニティQ80を示唆するコンセプトモデルです。

写真を見ると、力強く迫力満点ながら優雅さもあるデザインが特徴的です。

最終更新:4/15(土) 10:30
オートックワン