ここから本文です

いよいよ仕事復帰!産休・育休明けのママが心がけたいポイント

4/15(土) 10:02配信

ベネッセ 教育情報サイト

産休・育休中は頭がすっかり「育児モード」になっており、職場復帰後に気持ちを切り替えるのに苦労するという話をよく聞きます。働くママがスムーズに仕事に復帰し、育児との両立を図るために特に心がけたいポイントをまとめました。

自分が「できる範囲」をしっかりと意識しよう

出産前にバリバリと働いていた人ほど、何でも自分で抱え込もうとしてパンクしてしまいやすい傾向があります。保育園のお迎えがあったり、時短勤務だったりすると、仕事ができる時間は限られます。乳幼児がいると、家に仕事を持ち帰るのも難しいでしょう。また勤務中、離れて過ごす子どものことが気にかかり、なかなか仕事に集中できないという声も聞きます。そのように時間的にも精神的にも大きな制約が伴うにも関わらず、出産前と同じイメージで仕事をしようとすると行き詰まってしまいかねません。

ある働くママは、やりがいを感じるポイントを変えることで気持ちがとても楽になったと話します。

「以前は、たくさんの仕事をこなすことにやりがいを感じていました。育休からの復帰後も同じ考えでしたが、どうしても時間が足りなくなり、一時は退職を考えるほど精神的に追い込まれました。その後、上司のアドバイスもあり、何でも自分でやるのではなく、『限られた時間内で、できるだけ質の高いアウトプットをすること』を心がけるようにすると、仕事を効率化できたときなどに大きなやりがいを感じるようになりました」

以前と同じように働けない自分をネガティブに捉えて無理をするのではなく、「今の条件の中で、いかに仕事の質を高めるか」などと前向きに考え、できる範囲で努力することをおすすめします。

気持ちの切り替えを心がけよう

育児と仕事を両立させる鍵は、上手に気持ちを切り替えることです。勤務中に子どものことを考え過ぎて仕事に身が入らない状態だと周囲に迷惑をかけてしまいかねません。また、仕事上の心配などを引きずっていると、育児を楽しむ気持ちの余裕がなくなり、ちょっとしたことでイライラしてしまうかもしれません。

もちろん、言葉で言うほど簡単なことではありませんが、「育児も仕事もどちらも楽しむ」という気持ちをもつことがポイントです。「仕事(育児)が大変だから、育児(仕事)ができない」ではなく、「育児(仕事)が楽しいから、仕事(育児)をがんばれる」と考えられれば、どちらも楽しもうとする気持ちが湧いてくるはずです。そのために、育児、仕事ともに、できるだけ周囲の協力を仰いで無理をしないようにして、不安や心配をなくすように努めましょう。また、自分が「できないこと」ではなく、「できること」に目を向け、なるべくポジティブな気持ちをもつように心がけてください。

1/2ページ