ここから本文です

「1円も払っていないのに服が届く」 ZOZOTOWN「ツケ払い」で滞納に陥る若者たち

2017/4/15(土) 11:30配信

BuzzFeed Japan

「債権の弁護士委託」も。運営のスタートトゥデイの見解は?

「ツケ払いについてどう思うか?」と質問すると、AさんもBさんも「サービス自体は便利。滞納する人が悪いだけ」という意見だった。代金を払う必要性は二人とも知っていたのだから、確かに払わなかった二人も悪い。

BuzzFeed Newsは「ツケ払い」の代金請求をしているGMOペイメントサービスにも問い合わせた。滞納が長期に及んだ場合はどう対応しているのか。グループ会社の広報から次のような回答があった。

「お支払が確認できない場合、支払期限後一定期間を経た後、債権を弁護士事務所に委託いたします」「必要な場合には法的処置をとる可能性がございます」

未成年者が親の同意を得ないまま利用できるサービスだが、法的な責任を問われる可能性がある、ということだ。

未成年者の利用に対して、何らかの歯止めが必要ではないのか。危険性を指摘する声の高まりを受けて、同社広報担当者は3月14日、未成年者向けに保護者の同意の有無をチェックする機能を強化をするとBuzzFeed Newsに明かしている。

一方、サービスの意義を次のようにも話す。

「“ツケ払い”サービスの本質は、2カ月間のうちで、お客さまのご都合の良いときに、いつでも銀行振り込みや、24時間コンビニでお支払いいただけるという便利な決済手段の一形態だと考えています」

未成年者への同社の対応は、保護者の同意の有無をチェックする仕組みの設置に留まる予定だ。法的な責任を問われる危険性や保護者の同意などのルールを未成年者はどこまで注意して利用することができるだろう。

取材中、Bさんは次のように話した。

「利用規約なんて誰も読まないですよ。長くて、文字が多いし。重要なことはでっかく書いてほしいです」

3/3ページ

最終更新:2017/4/15(土) 11:43
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ