ここから本文です

パーティに欠かせない! “チーズボード”パーフェクトガイド

4/15(土) 7:10配信

ELLE ONLINE

種類、数、予算、ペアリング……などなど、知りたかったすべてが丸わかり!

パーティに欠かせない、チーズの盛り合わせ“チーズボード”。だけど、ゲストにふさわしいチーズをチョイスした完璧なチーズボードをちゃんと作れてるって胸を張れる? そこで、チーズ業界のトップカンパニー「パクストン&ウィットフィールド」のチーズ・エキスパート、ダン・ブリスさんに、ゲストみんなが満足する魅力的なチーズボード作りのコツを伝授してもらった。

用意するチーズの種類とその分量は?

「いろんな種類のチーズをたくさん盛り合わせたチーズボードがよいと思われがちなんですが、大きな塊のチーズを3~5種類くらい用意するのがちょうどいいです。小さいチーズだと、誰かとシェアできないですしね」とダンさん。

絶対に欠かせないチーズって?

もし3種類に限定するとしたら、濃厚な味わいのハードチーズ、水分が多くてやわらかい口当たりのソフトチーズ、そしてブルーチーズからチョイスしよう。

・ハードチーズ
チェダーチーズはオーソドックスだけどやっぱり外せない。グリュイエールチーズやコンテチーズもよいオプション

・ソフトチーズ
質の良いブリーチーズを選ぶのが賢明

・ブルーチーズ
いちおしは、スティルトン。

でも、これらはあくまでおすすめとして挙げたもの。もし気になるチーズがあったらぜひ自分で選んでみて、とダンさん。たとえば香りの強いチーズなら、ウォッシュチーズの代表格「エポワス・ドゥ・ブルゴーニュ」や「ラグストーン」のゴートチーズなどを試してみては?

食卓に出すのはいつがベスト?

「これについては、専門家の間でも意見が分かれます」とダンさん。「正解・不正解はないのです。私はデザートの後に食べるのが好きですが、好みの違いで甘い物よりも先に風味の強いチーズを食べたい人もいる。なので、お客様のテーブルにチーズボードを置いておいて、いつでも好きなときに口に入れてもらえるようにしておくのがいいですね。これなら、部屋で映画が始まる前にワインを飲みたいという人にも楽しんでもらえます」

冷蔵庫からチーズを取り出すタイミングは?

チーズは室温になったときがもっともおいしくなるので、提供する1~2時間前に冷蔵庫から出しておくとよいそう。冷蔵庫で保存するときは、購入時の包装紙に包んだままの状態で密封容器に入れ、できれば冷蔵チルド室か野菜室で保存して欲しい、とダンさん。湿気を防いでおいしさを保つため、密封容器の四隅に角砂糖を置くとベター、とプロならではのアドバイスも。

1/3ページ

最終更新:4/15(土) 7:10
ELLE ONLINE