ここから本文です

三菱ガス化学が白河に新工場 脱酸素剤、フィルムなど製造

福島民友新聞 4/15(土) 10:12配信

 三菱ガス化学(東京)が白河市の県営工業団地「工業の森・新白河B工区」に建設を進めてきた「QOLイノベーションセンター白河」が完成した。現地で14日、竣工(しゅんこう)式が行われ、関係者らが新たな製造・研究開発拠点の誕生を祝った。

 1期計画として、取得済み用地約32ヘクタールのうち4・2ヘクタールを活用し、「MGCエージレス」「MGCフィルシート」「QOLビジネスファシリティ」の3社を置いた。生活の質(QOL)の向上に向け、エージレスでは医薬品の保存などに利用される脱酸素剤、フィルシートではスマートフォンなどの液晶画面に使うフィルムなどを製造する。

福島民友新聞

最終更新:4/15(土) 10:12

福島民友新聞