ここから本文です

飼育の日を前にバックヤード探検 ときわ動物園

宇部日報 4/15(土) 14:17配信

あすまで、寝室など見学

 4月19日は語呂合わせで「飼育の日」。それにちなんだイベントが15日から宇部市のときわ動物園で始まった。バックヤードツアーや動物たちの寝室見学などを通して、子どもたちが飼育員や動物園への関心を高めている。16日まで。

 普段見ることができない動物園の裏側を飼育員が案内するバックヤードツアーでは、繁殖棟の調理室や太陽光発電機材を見学。夫婦池から園内へ水をくみ上げるためのバルブや、シロテテナガザルの寝室にある電気柵の操作盤など、園を支える設備も見て回った。バックヤードツアーは午前10時からで、9時半に同園入り口で参加を受け付ける(先着20人)。

 ミナミコアリクイの寝室見学は11時、トクモンキーの寝室見学は午後2時から。いずれも開始1時間前に同園入り口で参加を受け付ける(各先着5人)。クイズラリー「わたしは何の飼育員でしょう?」(入り口で用紙配布)の参加者には、ゴールの体験学習館モンスタ前で缶バッジをプレゼントしている。開園時間は午前9時半~午後5時。

最終更新:4/15(土) 14:17

宇部日報