ここから本文です

元全仏女王のスキアボーネが決勝進出 [ボゴタ/女子テニス]

4/15(土) 19:01配信

THE TENNIS DAILY

 コロンビア・ボゴタで開催されている「クラロ・オープン・コルサニタス」(WTAインターナショナル/4月10~15日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のシングルス準決勝が行われ、第4シードのララ・アロアバレーナ(スペイン)とワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のフランチェスカ・スキアボーネ(イタリア)が決勝に進んだ。

19歳対決を制したカサキナが初のツアー・タイトル獲得 [ボルボ・カーズ・オープン]

 アロアバレーナがサラ・ソリベス トルモ(スペイン)を6-2 4-6 6-4で、スキアボーネは第3シードのヨハンナ・ラーション(スウェーデン)を7-5 6-4で破っての勝ち上がり。

 2010年の全仏女王で36歳のスキアボーネがWTAツアーで決勝進出を果たしたのは、通算7勝目を挙げた昨年2月のリオデジャネイロ(WTAインターナショナル/クレーコート)以来となる。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo: KEY BISCAYNE, FL - MARCH 21: Francesca Schiavone of Italy in action against Kurumi Nara of Japan during Day 2 of the Miami Open at Crandon Park Tennis Center on March 21, 2017 in Key Biscayne, Florida. (Photo by Al Bello/Getty Images)

最終更新:4/16(日) 15:35
THE TENNIS DAILY