ここから本文です

チェルシーの負けを願うトッテナムMF「差を縮めるのに……」

4/15(土) 18:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

勝てば一時的に勝ち点4差に

首位チェルシーを勝ち点7差で追う2位トッテナムは、残り7試合での逆転優勝を虎視眈々と狙っている。

今週末チェルシーより1日早く試合を行なうトッテナムは、勝てば一時的ではあるが勝ち点4差に詰めることができる。7差と4差ではチェルシー掛かるプレッシャーは全くといっていいほど違うだろう。ましてやチェルシーはマンチェスター・ユナイテッドとの試合だ。トッテナムMFエリック・ダイアーはチェルシーがつまずくことを望んでいると米『NBC Sports』に語った。

「先に試合が行なえることは常にいいことだ。常に捕まえるためにプレイしている、とても難しいことだがね。差を縮めるのに彼らが失敗することを願っているよ」

直接対決はもう残していないため、チェルシーが取りこぼさない限りトッテナムの優勝はない。トッテナムにできることは勝ち続けプレッシャーを懸け続けることだ。また22日に行なわれるFA杯準決勝では、トッテナムとチェルシーは直接対決する。そこでトッテナムはライバルを倒し勢いをつけたい。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合