ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督 先発・石田健大に「3回で75球かかったのが痛かった」

4/15(土) 17:47配信

AbemaTIMES

 横浜DeNAが4月15日、対ヤクルト5回戦に2対7で敗れた。アレックス・ラミレス監督(42)は、先発し6回5失点(自責4)だった石田健大投手(24)について「3回で75球かかったのが痛かった」と振り返った。インタビューの内容は以下のとおり。

―石田は先頭打者弾を浴びて出ばなをくじかれた

 (ヤクルト)山田の先頭弾は野球なので起こること。それよりも2回で30球以上投げ、最初の3回で75球も投げてしまった。そこが痛かった

―石田は6回まで続投、2番手の進藤も抑えた

 石田は4回以降、よかった。進藤も2回しっかり投げてくれた。バッティングの方が打てなくて負けてしまった。

―9回は粘って点を返した

 すごくよかった。勢いを明日に持っていきたいと思う。

最終更新:4/15(土) 17:47
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 22:30