ここから本文です

阪神青柳が1試合2失策 いずれもタイムリエラーの“自滅”で3回6失点KO

4/15(土) 15:03配信

Full-Count

3回の打席で代打送られて降板

 阪神の青柳晃洋投手が15日、本拠地での広島戦で1試合2失策を犯し、3回までに6失点と“自滅”した。

 まずは初回、田中のセンター前ヒット、菊池のバントを梅野が野選、丸は四球で無死満塁とされると、鈴木は投ゴロ。しかし、青柳が捕球できず。二塁・上本のバックアップも間に合わずに記録は青柳の失策で広島に先制点が入った。その後、エルドレッドへの押し出し死球と天谷の2点タイムリーで4点を先制された。

 2回は3人で片付けるも、3回に再びピンチを招く。2死一、二塁とピンチを招き、岡田は投ゴロ。しかし、青柳が一塁へ悪送球。広島に5点目が入った。田中にはタイムリーを浴びて6失点目。菊池のライト線への飛球は福留がダイビングキャッチで掴んだものの、ミスが重なり苦しい投球となった。

 その裏の攻撃で代打を送られ、3回5安打6失点(自責2)4奪三振4死球で降板した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/15(土) 15:06
Full-Count