ここから本文です

ソフトB摂津は4回3失点で降板 逆転直後に同点被弾「申し訳ないです」

4/15(土) 15:50配信

Full-Count

4回5安打2四球で3失点、和田の代役で今季初登板も…

 今季初先発となったソフトバンクの摂津正投手が4回でKOされた。

 開幕投手を務めた和田毅投手が左肘の張りを訴えたため、その代役として先発した15日のオリックス戦。初回に2死三塁から小谷野に中前適時打、中島にも左前適時打を浴びて、いきなり2点を失う。3回に味方が逆転してくれたが、その直後の4回には、中島に右翼ホームランテラス席に飛び込む同点弾を被弾した。

 「野手の皆さんがリードしてくれたのに、追いつかれてしまい申し訳ないです」とコメントした右腕は4回5安打2四球で3失点。序盤から球数がかさみ、4回で77球を要した。5回に入るところで、工藤公康監督は右腕を諦め、石川へとスイッチ。開幕ローテから外れ、ファームでチャンスを伺ってきた摂津だが、今季初登板は悔しい結果となった。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:4/15(土) 16:08
Full-Count