ここから本文です

吉田麻也、今度はアグエロ、スターリング封じだ! マンC戦へ地元紙「最も厳しいテストになる」

4/15(土) 20:20配信

theWORLD(ザ・ワールド)

マンCの攻撃陣を抑えられるか

現在サウサンプトンの最終ラインを束ねる日本代表DF吉田麻也、その相棒を務める若いジャック・スティーブンスのコンビも見慣れたものになってきた。フィルジル・ファン・ダイクの負傷離脱、ジョゼ・フォンテの移籍で一時はどうなることかと不安の声もあったが、吉田とスティーブンスはリーグカップも含め好パフォーマンスを披露している。

希望見えてきた”ハリルJAPAN”はロシアで輝けるか!?

しかし、そんな2人に待ち受ける大きな挑戦が次節のマンチェスター・シティ戦だ。マンCにはプレミアリーグの中でもトップクラスのFWであるセルヒオ・アグエロが構えており、ワイドに位置するラヒーム・スターリングやレロイ・サネも好調を維持している。前節のWBA戦でサウサンプトンは防戦一方となっていたが、今回のマンC戦でも守備の時間が増えるだろう。

地元紙『Daily Echo』もアグエロを抑え込む必要があると警戒しており、「吉田とスティーブンスのペアにとって最も厳しいテストになる」と伝えている。リーグカップ決勝ではマンチェスター・ユナイテッドFWズラタン・イブラヒモビッチともマッチアップしているが、同メディアはアグエロの方が厄介と捉えているところもあるようだ。

アグエロは今季ガブリエル・ジェズスにスタメンを明け渡した時期もあったが、ジェズスが負傷離脱してからはパフォーマンスも安定。同メディアもアグエロが復活したと取り上げており、サウサンプトンにとっては何とも厄介な話だ。

吉田とスティーブンスのコンビは今冬に獲得されたマルティン・カセレスのスタメン入りを許さないほどに安定してきており、サポーターからも一定の信頼を得ている。アグエロを筆頭にマンCの強力攻撃陣を抑え込めば評価はさらに高まるはずだが、頼れるリーダーになっている吉田はWBA戦に続いてクリーンシートを達成できるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1