ここから本文です

首位広島が快勝 前日連勝ストップも連敗せず、岡田が1失点完投で自身2連勝

4/15(土) 16:50配信

Full-Count

阪神は青柳2失策などバッテリーがミスで自滅

 広島は15日、敵地での阪神戦に7-1で快勝した。連勝は前日に「10」で止まったが、連敗はせず。先発の岡田明丈投手が9回4安打1失点9奪三振と好投し、自身2連勝。打線は相手のミスにも乗じて4回までに7点をもぎ取った。阪神は先発・青柳が2失策を犯し、捕手の梅野は初回に野選でピンチを広げて4失点を許すなど、自滅で完敗した。

 広島は初回、先頭・田中が阪神・先発の初球をセンター前に運んで出塁。菊池のバントは梅野が野選で無死一、二塁とすると、丸は四球で無死満塁に。鈴木は投ゴロも青柳の失策で広島に先制点が入った。続く安部は空振り三振も、エルドレッドは押し出し死球で2点目。さらに、天谷はセンターへの2点タイムリー。4-0とした。

 石原の空振り三振後、ピッチャーの岡田はストレートの四球で再び満塁も、田中は遊飛。しかし、打者一巡でいきなり4点を奪取した。

 さらに、3回は安部のヒット、石原の四球で2死一、二塁とすると、岡田は投ゴロ。しかし、青柳が一塁へ悪送球で、広島に5点目が入った。田中はタイムリーで6点目。4回にはエルドレッドのタイムリーも飛び出し、7-0と大きくリードを広げた。

 岡田は4回まで無安打投球。5回に先頭・福留にセンター前な運ばれ、初ヒットを許すと、2死となってから糸原にタイムリーツーベースを浴びた。しかし、続く梅野は冷静に二ゴロに仕留めて最少失点で切り抜ける。6回は再び3者凡退。7回は2死一、二塁のピンチを招いたが、糸原は遊ゴロに打ち取った。

 8回は3者凡退。9回も続投した岡田は、1失点完投で自身2連勝。広島は7-1で快勝した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:4/15(土) 16:54
Full-Count