ここから本文です

【MLB】メジャーでも信頼掴んだ元燕バーネット レンジャーズの新守護神候補に浮上

4/15(土) 22:50配信

Full-Count

レンジャーズ守護神が絶不調で“失格”、後任候補にバーネットの名前

 レンジャーズ移籍2年目を迎えたトニー・バーネット投手が、新クローザー候補に浮上している。ヤクルト時代には通算97セーブをマーク。2015年のセ・リーグ優勝にも大きく貢献した右腕が、メジャーでも守護神として活躍することになるのか。地元メディアは有力候補の一人として名前を挙げており、大きな注目が集まる。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 レンジャーズには、昨季38セーブを挙げ、今春のWBCにも米国代表として出場したダイソンがいるが、開幕から絶不調。12日(日本時間13日)のエンゼルス戦では3点リードの9回に4安打3失点と炎上して、今季2度目のセーブ失敗となった。3日(同4日)の開幕戦では同点の9回に3失点で敗戦投手となり、5日(同6日)のインディアンス戦では5失点を喫して2点のリードを守れず。ここまで4試合で0勝2敗、防御率33.00と散々な成績でクローザー“失格”となっている。

 後任の第一候補は、順当にいけばセットアッパーの剛腕ブッシュだが、こちらは右肩の故障で検査を受けたばかり。故障者リスト(DL)には入っていないものの、今後の見通しは不明となっている。

 そこで、有力候補として浮上しているのが、メジャー1年目の昨季は53試合登板で7勝3敗、防御率2.09と好成績を残し、今季も信頼できる救援右腕として4試合登板で防御率2.25と好投を続けているバーネットだ。

 米放送局「WFAA8」電子版は、レンジャーズの新クローザー候補について特集記事を掲載。その中でバーネットの名前を挙げ、寸評では「日本での5年間で97セーブを記録し、最終年には41セーブを記録した。昨季32歳のオールドルーキーとしてレンジャーズでデビューしたバーネットは、シーズンが進むにつれてゲーム中盤の中継ぎから、終盤を担当し信頼される存在となっていた。ブルージェイズとのリーグ優勝決定シリーズでは4イニング無失点の好投であった」と紹介している。

1/2ページ

最終更新:4/15(土) 23:50
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 6:45